音楽、ピアノと幼児教育

  • 2013年06月09日 (日)
DSC_0048.JPG

今日のスクーリングで、モンテッソーリの幼児教育について学んで来ました。

手を使う事の大切さ、手を使う活動により知能は更に高められ、明瞭な性格とたくましい発達を示すそうです。

幼少期は「吸収する心」と言う特別の精神形態があり、三歳までに得る知識は、大人がその後の六十年間、一生懸命努力して獲得する量に等しいそうです!!

凄いと思いませんか!!

あの小さな体に膨大なことを、吸収しているのですから!!

この時期に、我々大人は適切な環境と援助することがとても大切であるかがわかりますね。

本当に興味深い内容でした(^_^)v

 

ページの先頭へ