ピアノとリトミック♪5

  • 2013年08月29日 (木)
1377774584503.jpg

ピアノとリトミックの続き♪

初めての声変わりが生後3、4ヶ月頃にあり母音が発声することができるようになると言うお話しを昨日書きました。

ではでは、子音は?
この声変わりの後に、手足の動きと共に、笑う事により呼吸のトレーニングをして次第に細かい息をすることが出来、子音を出せるようになります。

まだお母さんのお腹の中にいる胎児の時に、お母さんの声や周囲の音をメロディーとして振動波が母体の筋骨格系から羊水を経て胎児に伝わります♪

母胎の中で音が伝わり、そして誕生し、五感の中の聴覚が発達していくのです。

周囲の音を聞き、第一次声変わりを迎え、少しずつ少しずつ、お母さんを始めまわりの声を聞き、聴音しながら言葉を覚え発音するようになります。

ダルクローズは内的聴取力をつける教育が大切だと言っております。
つまり…聴音教育がとても大切だと言う事ですね♪

ページの先頭へ