奈良教室のそばで♪

  • 2013年07月29日 (月)
レッスンかばん

DSC_0020.JPG

先日、奈良教室のそばを両手に荷物を持って、おっちらこっちら歩いておりましたら…
「先生!」と、声かけられました(^^)

振り返ってみると小3から高3の夏までピアノを習っていたT君ではありませんか(^-^)v
あれから…三年、ますます好青年になったT君…
お互い時間がなくてほんの数秒ほどしか話せなかったけれど…
T君のお母さまが私に言って下さった嬉しいお言葉を思い出しました。

「先生、うちのT…家でピアノの蓋も開けない状態なんですけれど、高校生になったしピアノどうするの?って聞いたら…ピアノは止めない♪行けるところまで行く♪って言うんです。
先生にご迷惑おかけするかもしれませんが、一週間に一回、先生のところに行ってピアノに触れる事がTの息抜きと言うか楽しみみたいなので、これからも宜しくお願いします」と
おっしゃって下さいました。

「お母さん、T君は毎週…いろんなお話しをしてくれますょ。
芸術選択は迷いなしに音楽にしたとか、音楽のテストあったけれどピアノ習ってるから記号とか楽勝やったとか、期末試験で音楽が一番やったとか、学校の話とか音楽の話とか、
次はピアノでこんな曲が弾きたいとか(^^)
T君はピアノが、音楽が大好きですょ♪
だから練習が出来ている出来ていない、なんて大切な事じゃないです。
そりゃ音大に進学したいとかなら話は別ですが、大切な事はピアノが好きで楽しいって感じて くれる事ですから♪」

「あの子、そんな事言ってたんですか…家じゃ、ウンとか返事ぐらいしか言わないんですょ。
先生、なんだか嬉しいです」と、笑ってくださいました(^^)

 

ピアノを通じて…心の通うレッスンを♪私は、これからも大切に生徒さんと育んで行きたいと、眩しく立派に成長したT君の後ろ姿を見ながら…思いました(*^^*)

そして・・・T君のことを、ずっと暖かく見守って下さったお母さまに感謝します♪

ページの先頭へ